他国の様々な特徴(ミヤンマー)

ミャンマーの実習生についてわかる範囲で…
(お詳しい方いらっしゃれば、ご連絡ください。
 良いことあるかもしれません。笑)

ミャンマーの現実

ミャンマーでは送出しが徴収できる費用は
$2800
(昨年$1800と法令で決まったようであるが、送り出し機関の運営が困難なため、
 実質変更なく$2800のまま)となっており、
概ねこの金額自体は守られている。
 
理由としては国が貧しいため、
これ以上の費用負担が事実上困難であることが挙げられる。
 
ミャンマーに関しては送出し機関が未熟すぎるため、
書類の信ぴょう性はもとより
監理団体側で著類のチェックや修正に相当の労力と時間を有する。
 
中国系送出しが参入したが、現在は撤退する送出しもちらほらあると聞きます。
日本人の経営(事実上)する送出しが多いのではないでしょうか。
 

注:特に注意いただくべき
  一般社団法人「日本ミャンマー協会」(JMA)
  について、最下部にて触れていますので、ご参照ください。
 (ミヤンマー実習生を受け入れたい場合、JMAに手数料を支払いましょう。)

注:2019年現在、JMAを通す必要はなくなりました。
・ ヤンゴンと実習生が来る地域との貧富の差が激しい。
  ヤンゴンの給与相場は月収1万~1万5千円
  田舎に行くと1万円を切る(これは中国、ベトナムを除き、たいていの国は同じ)
・ 実習生から送出しが徴収してもいい金額は$2800で固定
  それ以上は貧しい為借金もできない現状がある。
  徴収する金額が少ない為、入国時のキックバックは皆無であるため
  日本の組合に人気が無い部分があると思われる。
・ 多民族(部族)国家の為、考え方も性格も一定ではない。
  実習生として働ける出身地方がはっきりしている
・ 難民申請が多い
  昨年ミャンマー国内の法律改正により行方不明者や
  難民申請者(不許可)にて帰国した人間は
  帰国後裁判→罰則になったため難民申請者数は激減した。
・ おおらかな国民性、噂を信じる、だまされやすい、お金にルーズ
  仏教がベースの為、人間性は良いが、
  人の言うことをすぐに信じてしまうため
  流されやすい一面がある。
  お金に関しては結構ルーズな人間が多い為、
  お金の貸し借りトラブルは多い。
・ 申請時の書類が面倒な部類に入る。
  JMA(日本ミャンマー協会)への入会(書類上の審査)や、
  在留資格認定証明発行後、
  入国前のミャンマーでの手続きなどに時間がかかる場合がある。
・ 貧しいゆえに幼少期に出家(寺に泊まり込み)をする。
  その際勉強するので、識字率は高い。
・ 送出しのレベルが低い
  学校は全寮制ではなく通学が多い。
  出家の経験から集団生活は適応する人間が多い。
  経歴が嘘だけでなく矛盾している(ことに気づかない)。
  書類作成技量の未熟さがある。
  地方によっては通訳の確保が難しい場合もある。

…2020年、コロナ騒動で延期しますが、視察訪問先として実際に詳細がわかれば、
また追記させていただきます。

copyright (C) Motoginoujisshuuseikanridantaishokuin. All Rights Reserved.